うるっとモテ肌実験室

美容・コスメ・メイク術でモテ肌づくり♪

美容・コスメ・メイクしよう

 

乳液とクリーム

乳液とクリームの違いってなんだかわかりますか?それは水分と油分の比率が違います。今「あぁ、なるほどー」っと思った人が多いはずです。乳液はクリームより油分が少なくサラッとした感じで伸びていき、つけた後も軽いというような感じですよね。
一方クリームの場合は、乳液に比べると伸びは乳液のようには伸びずに、つけ心地もさっぱりというのではなく、しっとりといった感じですね。その違いが乳液とクリームの違いです。
使い方は、その人の肌の状態によって変わり、乾燥などが気になるのであれば保湿性の高いクリームやシアバターを、脂肌の人なら乳液と言うような感じで使っていくと良いと思います。
あと、乳液の場合はボトルに入っているタイプが多く、直接手に付くことがありませんが、クリームの場合は直接クリームを触って手に取ります。なので、菌が繁殖しやすい環境なので、できるだけ直接指で取るということはせずに、スパチュラなどを使用して、クリームを手に取るようにしましょう

乳液とクリームの役割

乳液やクリームは化粧水で肌を整えた後に保湿として保護する役割をします。
たまーに、化粧水の役割を知らずに乳液やクリームを塗る方がいらっしゃいますが、化粧水で肌を整えずに乳液やクリームを塗っても効果半減ということになっているでしょう。
化粧水で整えて乳液やクリームを塗ることで、水分を保つ役割であったり、肌への栄養を行き渡らすことが出来るものです。
乾燥が激しい時も化粧水でしっかり整えて、クリームを塗って保護膜を作ってあげるようにしてくださいね。

防腐剤

乳液やクリームって菌が繁殖しやすいものなので、防腐剤が含まれています。なので、乳液やクリームを購入する時は、必ずラベルと見て、どのような防腐剤は入っているか確かめるようにしましょう。人によっては防腐剤や酸化剤などでアレルギーを起こしてしまい、肌を荒らしてしまうようなこともでてきます。

乳液の使用方法

乳液には朝用と夜用と使い分けるようになっています。朝用には化粧下地に使用し、夜用よりもサラッとした付け心地で日焼け止めも含まれております。夜用には、どちらというと肌を守るようになっているので、朝のようなサラッとした感覚はなく、保湿をするような役割があります。
クリームは乾燥肌や混合肌の方にオススメです。クリームにも朝用と夜用と分けられていることもあるので、使い分けをしましょう。

おすすめWEBサイト 5選

サバゲー 関東
http://tokyosabagepark.jp/

最終更新日:2016/4/7

うるっとモテ肌実験室(C)Allright Reserved.